店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

お蚕さま  [2020年07月05日]
夏の自由研究にと、子供の頃に蚕を飼育した経験がありますが、現在でも、ちょうどこの時期、“蚕の飼育セット”が販売されているのを目にします。
 
「蚕は噛みついたり、刺したりしない、とてもやさしい昆虫ですよ」とか、「蚕に農薬は厳禁です」とか、「蚕とマユはこのように楽しめます」などなど、様々な写真やイラストとともに紹介されている販売元の掲載ページをみると、思わず笑みがこぼれます。
 
 モソモソ、ゴソゴソと動く あの白い昆虫は、繊維の女王といわれる 美しいシルクの生みの親。
 
万葉きもの教室テキスト_絹長年開催していました当店でのキモノ教室でも、「絹について」の講座では、絹の成分をはじめ、蚕や その餌となる桑の効用など、わたしたち人間にとって素晴らしいことずくめの“絹の魅力”をお伝えしました。
現在でも時々テキストを利用しますが、必要に応じて再開させていただきたいと思っています。
 
 
最近は、新型コロナウィルスのワクチンの研究で、蚕の利用で ある一定の結果をだしたということが話題になりましたね。
ほんとに蚕ってすごいなー。
 
 
そうだっ!ひさしぶりに見よう。
と思って開きましたのがこの本です。
 
お蚕さま物語お蚕さま(おこさま)物語ー信仰と営みの記録』。
養蚕が盛んであった群馬の、消えつつある養蚕風景、そして蚕にまつわる行事や信仰の貴重な写真が収録された、角田新八さんの写真集です。
 
現在 観光地としても有名な製糸場などでも、いろいろ養蚕について学ぶことができますが、この写真集では、農家の人々との営みと、大切な大切な「天の虫ーお蚕さま」との結びつきが何ともあたたかいかたちで 表されています。
 
みていると笑みがこぼれ、気持ちがあたたかくなるー、しかし その一方で、急速にかわりゆくこのご時世、こういった写真風景は、本当に“過去の貴重な資料”という存在になってしまうのだろうと、ちょっとドキリと感じたりもします。
 
みればみるほど、この写真集、貴重な重さを感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
テーマ:着物教室
Posted at 16:35