店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

夏の花  [2020年06月13日]
 
紫陽花_202006
 
通常営業になりもう半月近くたちました。
 
ご来店くださる皆様とは数か月ぶりの再会で、とても嬉しく、お互いにお話ししたいことがいっぱい。
しかし、マスクをして、距離をあけて、消毒をしてーと、皆様、感染予防対策のことを とても意識してくださっています。
ご協力いただきながらのご来店を、心より感謝申し上げます。
 
いつも店に掛けます 月ごとの誕生花の絵を見て、「あ~、この絵も もう6月なんですね」と、しみじみ おっしゃる方も。
 
6月 1日目の誕生花は“ガクアジサイ”が描かれています。
やはり アジサイはこの時期を象徴する花ですね。
梅雨の雨ともよく合います。
 
時計草_2020
 
一方、 
いつも通る道のお宅で、今年もキレイなトケイソウが咲いています。
 
ちょうど茶道の今月の機関誌に、トケイソウについて、専門家の方の解説が載っていました。
 
名前の由来は、花の形からで、3つのおしべが時計の長針、短針、秒針のように見えるーということもあるのですが、
「6月10日の“時の記念日"の頃に咲き始めるから」という説もあるそうです。
なるほど、こちらも素敵な説。
 
和名はトケイソウで、英名はパッションフラワー。
しかし西欧の方では、この"パッション"は 情熱のパッションではなく、“キリストの受難”という意味からだそうです。
 
花のパーツを、槍や鞭、使徒、イバラの冠、などに見立てているとのこと。
日本の発想とは全く違い、重く、深そうです。
宗教観の違いにあるのではと、記載されていました。
 
ご近所のこのトケイソウは、蕾もたくさんできているので、まだしばらく楽しめそうです。
 
 
 
タグ:
テーマ:
Posted at 20:18