店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

初夏の着物  [2020年05月31日]
5月も最終日です。
明日1日から、当店も通常営業を再開させていただきます。
 
しかしながら、勝手ながら急きょ店を留守にさせていただくことがございますため、誠に恐縮ですが、ご迷惑をお掛けしてしまいますため、ご来店の際には、事前にご連絡をいただけましたら幸いに存じます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
6月中旬より、着物レッスンも、可能なかたちで再開させていただきます。
今年は、夏の襦袢の半衿つけも、余裕をもってできました。
 
久しぶりのレッスン、着物は何を着ましょうか。
 
絽縮緬の小紋と、今回は、絽縮緬の着物に。
 
いわゆる"絽"の生地でも、絽縮緬は、6月に着られます。
逆に盛夏の時期には避けて、盛夏の前後の「暑い」という時期にちょうど良い生地です。
 
こちらの着物は、地色は白ネズです。
もしこれが まったくの色無地の着物であれば、私には渋くて着られません。
 
でも、ちょっと彩色された柄が入ったり、刺繍が入っていたりすると、全体の雰囲気が変わります。
この着物も、水面と千鳥の模様が描かれ、そこにやわらかい色がつけられているため、全体がやわらかい雰囲気に。
 
 
絽チリの着物と絽襦袢
 
今度のレッスンでは、この絽縮緬の小紋の着物と、水色の絽の襦袢の組み合わせを着ることにしました。
 
 
数か月ぶりに皆様にお目にかかれますことを楽しみにさせていただいております。
Posted at 13:49