店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

似合う色  [2020年05月16日]
青ネズの羽織
 
袷仕立ての羽織を洗いに出そうと、タンスから出しました。袷はしばらく出番がありませんので。
羽織の色は、明るめの青ネズです。
 
何だかんだで、私は単衣の羽織も、夏の羽織も、また色無地や柄物の着物も、この系統の地色をよく着ます。
私は 似合う着物の色範囲があまり広くないのですが、お褒めいただくことが多い この系の色は、とても好きです。
 
 
 
青ネズの色2 
しかし、明るめの青系が、どのような場合にも 私に合うわけではないのです。
 
2番目の写真にありますのは、上が カシミヤのストール、真ん中は、薄地の絹のストール、下は羽織です。
どれも自身のものですが、上2つのストールは洋服の時に使用します。
 
3つとも、よく似た明るめの青ネズ系。
しかし、下の羽織なら良いのに、上のストール2つは、私には 今ひとつ合わないのです。
カシミヤストールは市販のもので、母からのお下がり。とてもキレイな明るいブルーで憧れがあり、冬の洋服姿に明るさを出したいので、合わないと思いながらも使用しています。
真ん中の絹ストールは染屋さんに染めてもらいましたが、単純に1色染め。より明るく、薄めの色で、キレイな色過ぎて、私にはもっと合いません(涙)。顔のすぐ近くで使用するので なおさら。
 
羽織は、着物の反物として染めましたので 重ね染めをして、深みがあります。和装アイテムは、ストールとは別の存在ですが、色の微妙な違い、アイテムの種類の違いで、合う合わないも違ってきてしまうのですね。
 
 
一方、着物の色に関してですが、
似合う着物の色の範囲を広げる方法って あるのですよ(限度はありますが)。
それは、着慣れする、という方法です。
今まで、多くの方が本当に そうでした。
自分で着物を着る、動いて出かける、人と会うー。こういった機会が増えて着物が身近な存在になっていくと、きっと 隠れていた ご本人の自信や魅力が 内側から引き出されてくるのではないでしょうか。
 
 
 
Posted at 16:06