店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

ジャパンブルーの綿紬  [2020年03月28日]
遠州紬1
綿紬の反物。
母が何かに使用するつもりで長いこと眠らせてしまっていたものを、昨年出しました。
 
着るための着物とは別に、母は藍染の生地がとても好きなので、反物や端切れなどが まだまだ しまってあります…。
 
 
この反物生地は遠州紬でしょうか。
 
母はもう細かい作業はしませんし、
せっかくなので、綿の着物として私が着ようかー、とも考えたのですが、綿着物としての出番の可能性を考えると、それもどうかと。
また、シンプルな形の服にしたものは、過去に何枚も。
 
キレイなブルーだし、より目に触れるところで使用したいしー。
ということで、
 
 
遠州紬のランチョン
 
まずは、私のワンパターンである、ランチョンマットとティーマットに。
 
良い雰囲気が出ます。
ちなみにお皿にありますのは、フレンチトーストです。
家で作ったのではなく、とても好きなパン屋さんのもの。
 
結構近いのよと、お客さまに教えていただいた「神田川ベーカリー」さんは、都電荒川線の早稲田駅からちょっと住宅街に入ったところにあるベーカリーです。
そちらの方面に向かうときは、美味しいパンを購入してきます。
遠州紬クッションカバー
 
さて、まだまだ尺が残っていた綿紬で 次に作りましたのは、クッションカバー。
 
自粛ムードのこの時期、ゆっくりイスに座ってくつろげる時間をつくりたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ:お茶の時間
Posted at 16:40