店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

暖簾  [2020年02月20日]
明日 21日からの3日間は、店先に「染の小道」のイベントのためにご準備いただいた暖簾を掛けます。
 
しぎやの通常の暖簾は、濃く 渋い色が多いため、毎年イベント期間中は、入口の雰囲気が変わるので、とても新鮮です。
 
しぎやの暖簾202002
 
しぎやの いつもの暖簾。
 
前回も話題に挙げましたが、現在は、
ひげ紬の生地を濃紺に染めたものを
使用しています。
 
 
染め職人さんが、
「こういう生地って、しぎやさん珍しいですね~」
「あっ、これ、暖簾に使うつもりなのです」
「なんだ、そうか~」
という会話をしたことを思い出しました。
 
ひげつむぎアップひげ紬は、男性ものに、よく使用されます。
ヒゲのように糸が表面に出るように織られた、
味わいのある雰囲気の生地です。
 
暖簾も長い期間たちますと消耗し、
お取替えの時期がくるのですが、
今回の ヒゲ紬は、一反分を染めて
もらったので、しばらくは安心です。
 
出来上がった暖簾が店にかかっているのを見て、
染屋さんがおっしゃいました。
「出来上がりを見られるのは いいものですね」と。
 
染職人さんは、染めが専門ですので、染めたあとのその後を実際に目にすることは あまりないですものね。
 
ちなみにこちらの職人さんは、お話しが楽しく、いつも落語家さんとお話ししているような気分になります。
美味しいものにも お詳しく、時々 近くの美味しいものを教えてくださるのです。
 
最近うかがいいましたのは、和菓子屋さんの どら焼き。
鳳月堂さんのどら焼き中野の鍋屋横丁にございます「鳳月堂」さんの人気商品とのことで、
職人さんは、もう30~40年来の常連さんだそうです。
 
大きなこのどら焼き、頂いたら とても美味しく、早速私たちも直接買いにうかがいました。
お土産にも喜ばれ、教えていただいて嬉しかったです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タグ:イベント
Posted at 20:13