店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

夏の着物ーカジュアル  [2018年08月20日]
だいぶ ご無沙汰していました。
 
猛暑も峠を越えましたでしょうか。
朝夕の風に秋の気配を感じます。
ご来店くださる方々とも、話題は 秋にむけての装いに。
そのような中、
今年の夏を着物で十分に楽しまれた方からご連絡をいただきました。
前回のブログに掲載させていただきましたK様です。
 
『キモノおもてなし展(文化学園内ギャラリー)』で、
夏の大島紬と八寸帯(←前回のブログ)をおつくりいただきましたK様は、7月予定通りに、
お食事会の後、お知り合いの先生がひらかれるお茶会(茶道)に参加されました。
お茶会に紬の着物を着て行くのは?…、とご心配されていましたが、先生から是非是非!というお返事をいただいてのご参加。
 
楽しい1日を過ごされた結果、K様は"夏の着物"に目覚められたとのこと!
 
そして今度は、より"涼"を感じる、上品でカジュアルな装いでお出掛けしたいーというご希望から、
選ばれましたのは、小千谷縮。
 
サラリとした肌触りで軽やかな雰囲気を醸し出す小千谷縮は、蒸し暑い夏にはとても着心地の良い着物だと思います。
絞り込んだ2反の色無地から、今回は生成り色の方を。
先日の横段ボカシの八寸帯と合わせましても、K様の雰囲気によくお似合いでした。
 
8月のお出かけにも間に合い、夏の着物をとても楽しまれたご様子でした。
お手持ちのものとも合わせやすい着物です。これから先、末永くご愛用いただきたく思います。
 
タグ:夏の着物お茶会
Posted at 15:53