店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
<<  2018年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
店舗紹介 交通アクセス
万葉きもの教室 受講者募集中
キモノなんでも相談所 洗い、シミ抜き、お直しまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
   

ブログ

明日からは雨草履で  [2018年03月07日]
明日から雨のようですね。
 
雨草履の出番です。
 
雨草履もいろいろありますが、
万葉しぎやの雨草履は、
草履の先に透明のカバーが付いているタイプをメインにしております。
 
草履の底面は滑りにくい仕様になっていまして、
鼻緒は、台と全く同じもの(無地)と、また、台とは別の撥水加工を施した正絹の縮緬や帯地のものをお好みでお誂えしております。
 
雨でも着物でお出掛けする方が周囲に多くいらっしゃいますが、よほどの悪天候でない限り、そうそう着物や雨草履が汚れたりすることはありませんので、皆様案外、雨でも躊躇せずお出掛けされているようです。
 
私は、雨が激しく降っているときや、土の地面など、足元の状況がわかっている場所に出かけるときは、台と同じ鼻緒のついた雨草履を履いていきます。
雨草履_無地
 
 
 
 
 
見た目はシンプルだし、
別の花緒の雨草履と比べて、雨風多いときにばかり出番がきてしまう(私の場合デス)という雨草履ですが、
ここのところ、かなり愛着が。
 
 
 
 
ショーソン_オ_ポム
 
 
 
とても好きな ”ショーソン・オ・ポム”。
 
パン屋さんでよく見かけます この半月型のアップルパイは、
 
フランスでは定番の菓子パンだそうです。
 
名前の“ショーソン”は、フランス語で「スリッパ」を意味するとのこと。
 
 
 
そのことから、「雨草履みたいじゃない?」という会話になり、ショーソン・オ・ポムと雨草履、どちらかを目にすると、どちらかを思い出すーという関係になりました。
 
 
 
 
 
 
タグ:お茶の時間
Posted at 09:25