店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

染の小道 最終日  [2018年02月25日]
本日最終日も、染の小道のメイン 中井駅周辺は大賑わいです。
 
万葉烏梅染しぎやにかかる 文化学園大学の学生さんがつくられた暖簾も、たくさんの方が見にこられています。
 
 文化学園大学の学生さんの暖簾_2018
 
作品名は、「Plum Blossoms」
 
 
呉服屋にかかるから、ということで、生地を正絹にしてくださったとのこと。
やわらかい生地に、明るい桜、梅、ピンク系の可愛い素敵な色合いで染めて下さった暖簾。
 
今日は、着物の着かた教室の皆様との打ち合わせで、午前中から多くの方にお越しいただいてますが、その皆さまにも、可愛いくて明るい暖簾を喜んでいただいてます。
 
 
 
 
 
中井駅から万葉しぎやまでの間にも、ユニークで素敵な暖簾がいくつもかかっていました。
 
川沿いに雑貨のお店を出された“いづみ庵”さんには、平林隼人さんの作品、蝶々が魅惑的な「世界のアンティーク」。
 
国内外で愛用されているといわれます、お醤油メーカー“ハチマサ醤油”さんにかかる暖簾は、文化学園さんの作品で「Show You 醤油」。
 
わたしも子供の頃からお邪魔していました とんかつ屋さん“とんかつ高橋”さんには、同じく文化学園さんの「さくさく」!
 
そして、万葉烏梅染しぎやと同じ通りにありますファミリーマートさんにかかる暖簾は「ファミリーハート」。
夜の街並みが、ちょっとロマンティックな雰囲気で表されています。柄をよく見ますと、上から冬・春・夏・秋の様子。
こちらも文化学園さんの作品でした。
 
どれも発想がユニークで、夢があって、素敵でした。
 
さあ、午後からは『あなたに合う和の色診断』も最終日です。
当店はイベントマップで最も端の位置になる場所ですが、どうぞ皆さま、お待ち致しております。
テーマ:イベント
Posted at 12:21