店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

フルール・ド・リスの続き  [2017年05月14日]
前回お話しに出しました “フルール・ド・リス”。
 
フランスの国花や、ヨーロッパの紋意匠などでよく利用されるマークのフルール・ド・リスを表す花は、アヤメ科アヤメ属の総称「アイリス」のことだそうです。
ただ、リス(lys)がフランス語で「ユリの花」を意味することからも、ユリの存在もいわれていますね。
 
 
フルール・ド・リスimg
 
 
 
 
 
古くからフランス人に愛されてきたアイリスは、その国では「愛国心」「国民愛」の意味を持つとのこと。
フランス国王の名前に使用される“ルイ-Loui”も、アイリスからきたと読みました。
 
アヤメ、ショウブ、カキツバタ …。この時期になりますと、毎回、これらの花の違いの話題になります。
ちなみに、私の誕生花はカキツバタなのですが、花言葉は「幸せはぜったいに来る」「贈り物」などだそうです。
この花言葉…良いことは少し待つっていうことかな~(-_-;)なんて思ってしまうのですが、いずれにしても「幸福」の言葉がよく出てきますので、とても良い方向に受け取っています。
 
また、以前、誕生花の袋帯をお創りしましたT様は、誕生日が7月で、「笹ユリ」の花をモチーフにした図案をおこさせていただきましたが、お仕事柄 フランスと深く関わりをお持ちなこともありましたので、フルール・ド・リスの存在を意識して、少々ヨーロピアンなムードをお入れしました。
 
tm01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
tm_up
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※万葉しぎやの、“着物オートクチュール”のシリーズでは、誕生花のデザイン紋様(上記帯は「笹ユリ」の紋様)は、そのご本人様のみにご利用いただくように登録致しております。
 
Posted at 20:00