店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

フルール・ド・リス  [2017年05月11日]
先日、久しぶりに そば粉のガレットを作りました。
 
以前、生地からきちんと作る友人の影響で初めて作ろうとした矢先、近くのスーパーで、“そば粉ガレットミックス”という便利な粉を見つけ、まずはこれを使って~、と作り始めたのでした。
 
そば粉ガレット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家ではキレイな円形に焼くことも出来ず、何んとな~く の出来上がり。
でも、外の専門店で食べるガレットとは、別物として、結構 満足しています。
 
皆さまはどんな具材をのせたものがお好みでしょうか?
 
フランスのブルターニュ地方発祥の郷土料理として知られるガレットは、そば粉を使ったいわばクレープですが、この「クレープ」という名の由来は、一説によると、焼いた際の焦げ模様が“縮緬(ちりめん)”のようだったことから、フランス語で「絹のような」を意味する「クレープ」と呼ばれるようになったとか。
とてもユニークですね。
 
今は日本にも、本場の味を!といったガレット専門店があるので、嬉しいです。
近々また行こー!
 
 
さて、端午の節句も過ぎ、ちょうどこれからは各地であやめ・菖蒲祭りがありますね。
皆さまは行かれますでしょうか。
 
いつも通るお宅の玄関先でもお仲間の花がキレイに咲いていました。
ダッチアイリス01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このアヤメ科の花、ガレット発祥の地 フランスとも深い関係があるんですね。
 
アヤメ科アヤメ属の総称「アイリス」は、フランスの国花。
 
 
フルール・ド・リスimg
 
 
 
 
 
 
フランス王家をはじめ、ヨーロッパの紋意匠などでよく目にします“フルール・ド・リス”のマークは、アイリス(アヤメ)」の花を様式化したものなのだそうです。
 
アイリスがフランスの国花になった起源などを読むと、深い深い歴史があることに気づかされます。
 
今の時期、何となくフランス気分になるのも納得です…。
 
タグ:お茶の時間
テーマ:お茶の時間
Posted at 17:30