店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

今年も桜はキレイでした。  [2017年04月18日]
昨夜、ニュースの中継で、奈良県宇陀市 佛隆寺の千年桜が紹介されていました。
夜にライトアップされた桜。何とキレイなんでしょう。
奈良県出身の店主も行ったことがないとのこと。HPによりますと、樹齢900年以上の奈良県指定天然記念物だそうです。奈良県下最古の桜。行ってみたい!
 
やはり桜はキレイですね。
皆さまはいろいろな場所で、今年も桜を楽しまれたかと思います。
 
画像は、先週 神楽坂に寄った時に、飯田橋駅近くで撮ったもの。
神楽坂お堀201704
 
 
 
 
桜の裏側はお堀になっていて、この場所にあるカフェ(「CANAL CAFE」)も有名です。
室内に加え、デッキに出てお堀の景色を眺めながら過ごすことが出来ます。
ライトアップされた夜のデッキ席を私が利用したのは、学生時代だったでしょうか? ずっとずっと以前、桜の時期ではなかったですが、友人達と、あーでもない こーでもない ワイワイ騒いで楽しかった記憶があります。
 
この日は、カフェの入り口を見てびっくり!すごい行列です。
もともと人気のあるお店ですが、やはり桜の魅力ってすごいですね。
 
そしてこの後は神楽坂駅の方に戻ります。早稲田通りをいくと目にしますのが、不二家さんのペコちゃん焼。
久しぶりに購入です。中身の種類が豊富なのに驚きながら、あれもこれもとついつい…。
 
神楽坂は、表通りから入ると、昔ながらの細かい道や階段が多いので知られています。
今回は、以前入ったお店を、地図を見ないで思い出しながら見つけてみようと。
2~3路地を間違え、お~! 間違いない!この階段を上がった左の先にあったはずー!
神楽坂の階段1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無事にお店の場所を確認することが出来ました。
次はスムーズに行けそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、牛込神楽坂駅の方から帰ろう。
 
そして歩いたことのない駅のちょっと先まで足を延ばしてみますと、
神楽坂の階段2
 
 
 「袖擦坂」という坂がありました。
高台と垣根に挟まれた狭い坂道で、すれ違う人が互いの袖を摺り合した様子から、こう呼ばれているとのこと。
 
ここまで来ますと、表通りからはかなり離れますが、道路を挟んで、「メゾンカイザー」のパン屋さんを発見。
さすがフランス情緒漂う神楽坂。
 
 
ここでパンも購入し、やっと駅に入りました(⌒∇⌒)。 
 
後日、うちのお店でも お客様から 神楽坂のいろいろなお店を教えていただきました。今度是非行きたいと思います!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神楽坂ペコちゃん
タグ:お茶の時間
Posted at 17:00