店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

マリーアントワネット展  [2017年02月20日]
現在 森アーツセンターギャラリーで開催されています『マリーアントワネット展』。
皆様 行かれましたでしょうか。
 
美しいマリーアントワネットの肖像画の大きなポスターが、昨年中から駅などに貼られていましたね。ポスターの前を通る度に、絶対行くぞ~ と思いつつ、早くも2月。
先日、やっと行ってまいりました。
 
マリーアントワネット展01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
念のため、事前にチケットは購入していましたが、入場まで想像以上の混雑(-_-;)
 
受付の前から待ち、展示会場に入れるまで1時間は超えてました。
でも、会場内は比較的ゆっくりと観ることが出来たので、入場制限であれだけ待つことになったのにも納得…。
 
14歳でフランスに嫁ぎ王妃となったマリーアントワネットの激動の人生を、美しい肖像画や数々の調度品などをじっくりと観ながら 辿ることのできる展覧会でした。
 
 
 
 
 
マリーアントワネット02
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会場内には、マリーアントワネットが過ごしたヴェルサイユ宮殿内のプチ・アパルトマンの中の一部が再現されたブースがあり、中でも“居室”の場所は、唯一 撮影がO.K.でしたので、私もパチリ。
 
また、王妃がとても大切にしていたという、日本漆器のコレクションも展示されていましたが、こちらも素晴らしかったです。あまり煌びやかでなく、かなり落ち着いた施しのものばかりのように思いました。繊細ながらも重厚感のある漆器。王妃もきっと、キャビネットに飾ったこの器たちを いつも眺めていたのだろうな~ などと思いながら、吸い込まれるように観てしまいました。
 
晩年の 処刑されるまでの様子が紹介される後半は、その時代を象徴する王妃の存在が、今でも世界で特別なものとなり続けていることの意味を 実感できる内容でした。
 
会期は今月26日までですね。
平日も週末も、午前中はものすごく混むとのこと(私も午前中に行きました(-_-;))。
夕方は結構空いていますと、会場の係の方がおっしゃっていました。閉館時間も延長になっているようです。
 
 
 
 
タグ:美術館お出掛け
テーマ:お出掛け
Posted at 09:00