店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

夏の着物から単衣に  [2016年09月29日]
9月に入ってからは雨も多かったせいか、今年は早々と夏の着物から単衣に切り替えました。
ただ蒸し暑さはかなり続きましたので、襦袢はこれまで夏の絽縮緬を。
 
明後日からはもう10月です。
早いですね。
 
襦袢も夏ものから、単衣に切り替えます。
 
画像は、今夏 出番のあった絽の小紋の着物(濃い青緑)と、絽縮緬の長襦袢(淡い桜色)です。毎年着用しています。
たまたま、どちらも貝殻の模様です(意識してセットで着ているわけではありません(⌒∇⌒))。
 
特に長襦袢は中に着るため、外部から柄は見えませんが、こちらは付下調に身頃や袖に柄を描き、着る方自身にお楽しみいただければということで創作したシリーズです。
当時、貝殻のほか、波ウサギや、源氏車に流水など、様々な柄ゆきでお創りしました。
 
「着る途中や、たたむときに、ちょっと楽しい気分になるんです~」、と皆様から嬉しいお言葉を頂戴しました長襦袢です。 
来年もお創りしたいと思います。
 
 
さて、もうしばらくしたら、襦袢も着物も オール“袷”の時期が来るのですね。
 
年々1年間が早く経過していく気がします。
いつも年末は、「このまま年があけてしまって良いのかしら―!!」と思いながらもバタバタ目先のことに追われ、あっという間に「おめでとうございます」を言っている、そのような感じです。
 
今年も残ること あと3ヶ月。一方、これから益々お出掛けが楽しくなる時期でもありますね。
時の経過の速さに慌てず、落ち着いて、楽しく充実した日々を過ごせますように!
 
 
 
 
 
 
 
タグ:夏の着物
Posted at 16:16