店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
<<  2018年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
店舗紹介 交通アクセス
万葉きもの教室 受講者募集中
キモノなんでも相談所 洗い、シミ抜き、お直しまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
   

ブログ

タグ:「夏の着物」の記事一覧

ちりめん  [2018年05月15日]
今年は4月から暑かったですが、これからいよいよ夏日がつづくようですね。   さすがに5月早々単衣にする方は多く、 秋までもう出番がないかな、といった袷の着物や襦袢をメンテナンスに。 ちょっとしたシミのお手入れや 丸洗いのご依頼が増えてきています。   いったい今年の梅雨はどうなるのでしょうか。   6月が、もし例年より暑くなるようでしたら、盛夏の着物も... [全文を読む]
Posted at 09:52
単衣の季節に  [2017年09月21日]
9月も後半です。 日中はまだ暑いので、着物は絽縮緬などを着ていますが、来週には、単衣にしようかなと。   残暑が厳しくとも、やはり意識は秋。まだ夏物を使用するにも、帯締めなどの小物に秋色を選んでみたり。   と、そんな“秋”気分の中ですが、真夏にありましたイベント時の写真の焼き増しが上がってきて、ご参加くださいました皆様には今頃お配りしています... [全文を読む]
Posted at 17:00
夏の帯 ~ユリ~  [2017年07月30日]
今年もあちこちで百合がキレイでした。 まっすぐな茎に高く花を咲かせるユリは、とても存在感があります。       人類史上最も古くから栽培されていた花のひとつといわれる百合は、特に 古くヨーロッパでは特別な意味が持たれ、キリスト教との深い関わりも知られています。   以前ここで、フルール・ド・リスの話題を載せましたが、百合は、アヤメ科のアイ... [全文を読む]
Posted at 09:00
半幅帯  [2017年07月17日]
暑い日が続きます。 外では浴衣姿の方もよく見かけるようになりました。    週末の着物の着かた教室では、皆様の夏のお出掛けにむけて、ゆかたや半幅帯のレッスンもしています。   ちょうど今週末は、先日も話題に致しました ゆかたまつり。 ゆかたまつりは、毎年恒例の上野で行われる夜のパーティーです。 皆様にお声掛けし、当店からは30名で参加致します。 &nb... [全文を読む]
Posted at 12:00
夏のお出かけ~帯~  [2017年07月09日]
梅雨が明けたら いよいよこれからが夏本番ー といった気分でいるところに、ご近所で栗の木を見かけました。 早生の類なのでしょうか、まだ あおあおとしていますが、季節の移り変わりの早さを感じます。                         しかし... [全文を読む]
Posted at 08:00
夏の着物から単衣に  [2016年09月29日]
9月に入ってからは雨も多かったせいか、今年は早々と夏の着物から単衣に切り替えました。 ただ蒸し暑さはかなり続きましたので、襦袢はこれまで夏の絽縮緬を。   明後日からはもう10月です。 早いですね。   襦袢も夏ものから、単衣に切り替えます。   画像は、今夏 出番のあった絽の小紋の着物(濃い青緑)と、絽縮緬の長襦袢(淡い桜色)です。毎年着用しています... [全文を読む]
Posted at 16:16
過ぎたと思った途端に また新な台風の情報。各地で心配ですね。 そんな天候の中、明日の日曜日は 日頃お店にいらして下さる皆様と“屋形船”です。 多くの方が着物や浴衣でいらっしゃる予定ですので、さすがにお天気が心配ですが、台風でなければ雨天でも決行とのこと。   皆様からは、「多少の雨なら予定通り着ていく~」といった頼もしいお声を聞くことが出来ました... [全文を読む]
Posted at 12:29
先週までの猛暑が少しおさまりましたが、まだまだ8月。   気温は33度。 着物を着るには、厳しいでしょうか?   洋服よりも下に着るものも、腰回りも多いので暑くて当然です。 でも、涼しげな顔をして、背筋を伸ばして歩く姿は、周りに涼しさを感じさせます。   夏の定番とも言える、小千谷縮(おぢやちぢみ)。   肌にくっつきにくい麻素材。 そ... [全文を読む]
Posted at 18:22
夏の着物コーディネート  [2015年07月06日]
万葉鳥梅染 しぎやから、夏の着物コーディネートのご紹介です。   小格子(こごうし)の大島紬に、朝顔の袋帯を合わせました。   朝顔といっても、花は咲いておらず、つると葉で表現された落ち着いた柄です。 地色にあるピンクが柔らかい印象を与えます。     7月になっても東京は雨続き。 湿度は高いけれど、少し肌寒く。   実は... [全文を読む]
Posted at 18:10
<< 前のページへ
|
次のページへ >>