店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

振袖  [2019年01月08日]
年が明けて、あっという間に七草粥の日も迎えました。 来週は成人式ですね。   成人の日を迎える皆様は、思い思いの衣装で当日を迎えられることと思います。 式を終えて振袖のアフターのご依頼にいらっしゃる方や、当日の写真をお持ちくださる方々などから、 当日の様子(楽しいハプニングも)をいろいろ伺えますのが、毎年楽しみです。 ... [全文を読む]
Posted at 20:27
着物のコート  [2019年01月02日]
明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。   今年の冬は、前半やや気温が高い時もありましたので、 着物の上着も、カシミヤのような素材のものは、年末になってから着始めました。     やはり、見た目も体も暖かいので、毎年この素材のコートは皆様からお問合せいただきます... [全文を読む]
Posted at 12:43
クリスマス  [2018年12月24日]
「私も大人の人みたいに着物で行きたい!」 と、小学生の女の子も、クリスマスパーティーに着物で参加。   せっかくなので、髪も美容室できちんとしていただき、 帯結びも華やかに。                   ... [全文を読む]
Posted at 09:45
お茶会の着物  [2018年12月14日]
先日お客様から、パーティーに着て行かれる着物のことでご相談を受けました。 お出掛けは、Xmasディナーパーティー。 2通りの装いから、どちらにしようかと迷われていました。 ひとつは、淡い紫色の付下×白地の帯、といったコーディネート。 もうひとつは、白茶の着物に黒字のクリスマスカラーが使われている帯。 前者は、女性らし... [全文を読む]
Posted at 17:30
着物でランチ会  [2018年12月10日]
毎年12月、着物の着方教室の皆様と、都内のホテルで発表会&パーティーを行います。 多くのご来場者さまにご覧いただくため、今年も夏前から準備をしてきました。 12月頭に本番が無事終了し、教室の皆様とほっとしているところです。 そして先日、反省会(お疲れ様会)のランチに、皆様とお出掛けしに行きました。   伺ったお店は、東... [全文を読む]
Posted at 18:24
450年のきもの  [2018年12月05日]
このあいだ、ポルトガルのお菓子"コンフェイト"をいただきました。       日本の"金平糖"は、このポルトガルから来た"コンフェイト"が語源だと言われています。   戦国時代に日本に入ってきた南蛮菓子のひとつが このコンフェイト。 宣教師ルイス・フロイスが、布教の許しを得るために... [全文を読む]
Posted at 17:13
「明治日本が見た世界」に  [2018年11月18日]
先日、聖徳記念絵画館へ行ってきました。 明治維新150年記念特別展「明治日本が見た世界」を観に。 夏頃から駅でポスターが貼られており、この特別展を機に久しぶりにここの絵画展へ行くのを楽しみにしていました。         絵画館の歴史ある建物の様子に改めて見入ってしまいます。 &... [全文を読む]
Posted at 11:40
秋のお茶の時間。                       テーブルにクロスとして敷いている生地は、もとは身内が着用していた紬でした。 長い間、茶道のお茶会時に愛用されていたこの生地は、茶道の場を卒... [全文を読む]
Posted at 18:25
秋のお茶会  [2018年11月05日]
11月に入りました。   歩くとポカポカ温かくなるーといった気候が続いたため、10月中、襦袢はずっと単衣を着ていました。 体感的には、まだ内着が単衣でも大丈夫かしらとも思いますが、さすがに11月。昨夜は袷の襦袢に半衿をつけました。   画像は、ちょうど1ヶ月前、皆さんでお茶会に伺ったときのものです。 &nb... [全文を読む]
Posted at 11:35
 [2018年10月16日]
風に舞う葉と、 童が遊んでいる様子を描いた付下の着物です。     極小のマスが並ぶ地紋の入った生地。 模様は身頃と袖にさらりとした配置で。     こういう雰囲気の着物が似合うといいな。   そして自身に反物をあててみましたが、   周囲の皆さん シ... [全文を読む]
Posted at 16:38
色打掛  [2018年10月03日]
あっという間に10月にはいりました。   私共は、秋冬に開催されるイベントを控えて準備でバタバタ! 一方 今月は、ゆっくりと伺うお茶会の予定などもあり、慌ただしい“動”と落ち着いた“静”とが順番に予定されている、メリハリのきいた?この秋をとても楽しみにしています。 &nbs... [全文を読む]
Posted at 13:46
結婚式の白無垢  [2018年09月25日]
とても久しぶりに開けました桐箱の中は、白無垢の衣装です。       身内の結婚式の度に花嫁が着用し、最後に出番があって どのくらいの期間がたったでしょうか。   この白無垢は、しぎやの定番 無地の着物に使用しています別注絡み織りの縮緬生地で誂えました。 当時、いつも仕立てをお願いして... [全文を読む]
Posted at 11:52
ボカシの小紋  [2018年09月14日]
春からご紹介しておりました新作のボカシの小紋。 このタイプは当店の定番商品で、多くの方に様々な色味のものをご愛用いただいております。     今春からは、地模様のある生地に染めたボカシ小紋をご紹介しておいりました。 地模様がありますと、光の加減で光沢感が出ますので、見た目に楽しく、また少々華やかさが出たり... [全文を読む]
Posted at 14:50
お茶会のお揃い着物  [2018年09月10日]
老松模様の付下です。 茶道の先生とその社中の皆様にお誂えさせていただきましたお揃い着物。 以前、フェイスブックのほうに載せたのですが手違いで見当たらなくなり、再度改めまして。 この着物は、先生の会の名前を用いて老松模様を白抜きで施し、 地色はお一人お一人にお似合いになる色をそれぞれ染めました。     ... [全文を読む]
Posted at 14:57
周辺のお店  [2018年09月03日]
再び台風の予報、おだやかではありませんね。   着物の着かた教室のレッスン日に いつも着物でいらっしゃる方も、雨が降りますと やはりお洋服にされます。 先週の土曜日は、夜までは降らないかしらーと言ってはいたものの、レッスン後のティータイムで皆さんとお話しが盛り上がり、 ポツポツ…ザ―ッ!と降り始めてしまいま... [全文を読む]
Posted at 16:14