店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

ジャパンブルーの綿紬  [2020年03月28日]
綿紬の反物。 母が何かに使用するつもりで長いこと眠らせてしまっていたものを、昨年出しました。   着るための着物とは別に、母は藍染の生地がとても好きなので、反物や端切れなどが まだまだ しまってあります…。     この反物生地は遠州紬でしょうか。   母はもう細か... [全文を読む]
Posted at 16:40
軽やかな着物の装い  [2020年03月26日]
感染の広がりが伝えられ、改めて重要な時期となったようです。 しかしながら、今日は以前から予定されていました催事のお手伝いに。 伊勢丹系列の催事で、着付けの実演をするのですが、さすがにお客様も、我々スタッフも、1日中マスクをしたままです。 ずっと以前は、着物にマスクをすることに 少々抵抗がありましたが、数年前に花粉の症状が始まって... [全文を読む]
Posted at 18:06
身近な和文化  [2020年03月23日]
    最寄りである中井駅の妙正寺川の桜も咲き始めました。     でも、しぎやの近くで、より桜の見どころとなるのは、中井駅とは反対の小滝橋、神田川の桜です。   今年はまだ見に行けてないですが、毎年多くの人で賑わいます。       ... [全文を読む]
Posted at 22:19
帯の準備  [2020年03月16日]
先日 染替えた 古い袋帯が仕立て上がってきました。   新しく仕立てた帯を、お出掛けの日に初めて出して締める~というのは ちょっとコワいです。   特に袋帯は、体に ふた巻きする部分は二つに折って使用しますが、 仕立て上がったばかりの帯は、折り線がなにもないので張りがあります。 帯の良し悪しにかかわらず、は... [全文を読む]
Posted at 09:55
帯の染め替え  [2020年03月10日]
昨年12月、染め替えに出すと このブログに挙げました帯が、 染め上がってきました。   母が若いころに使用していた帯。     年季の入った青磁色に、懐かしさを感じる配色の柄模様。 この雰囲気がとても好きだったのですが、残念ながら、私には合わず、長い間、なかなか出番がありませんでした。 &... [全文を読む]
Posted at 21:33
身体を温める  [2020年03月07日]
免疫力を高めるために、体を温めることも一つの方法のようですね。   温めること、そして、体を冷やさないこと。   私は、就寝中、足首にサポーターをしています。   2年ほど前から、夏でも寝起きに足の冷えを感じるようになったため、就寝時のサポーターは ほぼ1年中するようになりました。  ... [全文を読む]
Posted at 20:20
陰干しの後の糊こぼし  [2020年03月05日]
お出掛けを控えなければならないこんな時期には、タンスから着物や帯をだして、春のコーディネートをイメージしながら、いろいろ合わせて遊んでみてはいかがでしょうか…。   タトウ紙から着物を出し、少々広げて たたみ直す。 このようなことをしますと、しっかり広げて干すーといった完全な陰干しは出来なくても、衣類の空気の... [全文を読む]
Posted at 17:40
<< 前のページへ
|
次のページへ >>