店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

綿の着物  [2020年08月10日]
連日本当に暑いですね。 週末のレッスンでは、真夏気分でゆたかを着ました。 夏の柄として多く使用されている“萩”の柄のゆかた地です。   お祭りなどに気軽に着て行く、いわゆる浴衣は、衿が“バチ衿(はじめから細い幅で仕立てられる)”ですが、 このゆかたは、着物とおなじよう... [全文を読む]
Posted at 11:05
夏の塩沢紬  [2020年08月01日]
ブログは すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間に8月ですね。      画像は、紅葉葵と サルスベリ。 今年も夏の花がキレイです。           紅葉が少し色づいている様子も、 いいですね。   ... [全文を読む]
Posted at 13:40
夏の雨コート  [2020年07月09日]
各地で心配な大雨が続きます。早く天候が回復することを祈るばかりです。   ちょうど昨年の今ごろ、大きなショーの開催に携わらせていただきましたが、当日の七夕の日もすごい雨風であったことを思い出します。 前日から、荷物の搬入や最終作業の仕上げがあったため、私自身は 会場のホテルに泊まり込みでしたが、多くの出演者の皆さんは、当日... [全文を読む]
Posted at 19:03
お蚕さま  [2020年07月05日]
夏の自由研究にと、子供の頃に蚕を飼育した経験がありますが、現在でも、ちょうどこの時期、“蚕の飼育セット”が販売されているのを目にします。   「蚕は噛みついたり、刺したりしない、とてもやさしい昆虫ですよ」とか、「蚕に農薬は厳禁です」とか、「蚕とマユはこのように楽しめます」などなど、様々な写真やイラスト... [全文を読む]
Posted at 16:35
帯の染め替え  [2020年06月20日]
何十年も前の母の帯。夏の袋帯です。 薄い桜系の地色で、白と銀糸の宝相華の紋様があります。   (私)「染め替えて いいですか?」   (母)「えっ!? えーーー! 古いけどキレイな色だったのに!」   母はどちらかといいますと西洋人体系で、スポーティーな感じ。 顔は細いのですが体格ががっちりし... [全文を読む]
Posted at 18:43
夏の花  [2020年06月13日]
    通常営業になりもう半月近くたちました。   ご来店くださる皆様とは数か月ぶりの再会で、とても嬉しく、お互いにお話ししたいことがいっぱい。 しかし、マスクをして、距離をあけて、消毒をしてーと、皆様、感染予防対策のことを とても意識してくださっています。 ご協力いただきながらのご来店を、心... [全文を読む]
Posted at 20:18
初夏の着物  [2020年05月31日]
5月も最終日です。 明日1日から、当店も通常営業を再開させていただきます。   しかしながら、勝手ながら急きょ店を留守にさせていただくことがございますため、誠に恐縮ですが、ご迷惑をお掛けしてしまいますため、ご来店の際には、事前にご連絡をいただけましたら幸いに存じます。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。   ... [全文を読む]
Posted at 13:49
単衣の出番  [2020年05月26日]
いつも通るあちこちで、バラ、下野、など、初夏の花が美しいです。ジューンベリーも赤く色づいてきました。          いよいよ緊急事態宣言も解除されましたね。   6月に学校の入学式の実施が決まったところもあり、出席される親御さまから、着る着物についてやコーディネートなどのお問合せもい... [全文を読む]
Posted at 11:15
ポルトガル語と和服の名前  [2020年05月20日]
前回、お土産にいただきました ポルトガル伝統菓子店 ナタ・デ・クリスチアノさんの玉子タルトを挙げましたが、 ポルトガル菓子は、古くから伝わる日本の伝統菓子にも大きな影響を与えたことが知られています。すぐ浮かぶものは、カステラや金平糖。   遡ること16世紀、南蛮貿易の港となった長崎には多くのポルトガル人が住み、増設されたカ... [全文を読む]
Posted at 16:26
似合う色_つづき  [2020年05月18日]
現在、臨時休業させていただいておりますが、掃除や片付けなどの作業はしております。 そんな中、先日 お預かり品のお受け取りに、お客様(T様)がお立ち寄りくださいました。   神宮でヘアサロンを経営されていらっしゃるT様は、背が高く、ファッションモデルさんのような方です。 スタイリッシュな"洋"の雰囲気と、一方、着物を楽しま... [全文を読む]
Posted at 15:40
似合う色  [2020年05月16日]
  袷仕立ての羽織を洗いに出そうと、タンスから出しました。袷はしばらく出番がありませんので。 羽織の色は、明るめの青ネズです。   何だかんだで、私は単衣の羽織も、夏の羽織も、また色無地や柄物の着物も、この系統の地色をよく着ます。 私は 似合う着物の色範囲があまり広くないのですが、お褒めいただくことが多い... [全文を読む]
Posted at 16:06
着物おもてなし  [2020年05月14日]
暑くなりました。 本サイトのトップページ画像も、やっと夏ものに衣替えしました。   本来この時期は、毎年恒例の催事の準備も始まりますが、残念ながら今年はさすがに開催できません。     画像は、以前 この時期に文化学園内ギャラリーにて開催しました「キモノおもてなし展」のものです。 夏物から秋... [全文を読む]
Posted at 17:30
足袋の汚れ落とし  [2020年05月09日]
足袋を頻繁に利用しますと、当然、落ちにくいといわれる足袋の汚れ落としも 毎回きっちりー、 と言いたいところですが、帰宅後 、家事や急な頼まれごとなどでバタバタしてますと、なかなかそうもいきません。 もちろん、早々にまず汚れ落としをした方が良いのですが…。 そういう時、私はとり急ぎ、ネットに入れて洗濯機で洗ってしまい、後... [全文を読む]
Posted at 17:14
あっという間にゴールデンウイークは終わりですが、自粛生活は もうしばらく続きます。 社会の動きが止まっている このような状況でも、季節は着々と移り変わっているのですね。初夏の植物や花に癒されます。   ご近所でグミの実がなっていました。     子供の頃はよく目にして、なっている実を食べてみた... [全文を読む]
Posted at 21:30
日立目白クラブ  [2020年05月02日]
茶道の機関誌 今月号に、千家と関わりのあった近衛信尋のことが記されていました。 千宗旦と近衛信尋が 互いに招き合った茶会での出来事の一部が詳しく解説されており、 茶室の様子やそこで交わされた会話、茶事の料理やお道具のことなどを読みながら いろいろ当時のイメージを沸かせました。 毎回楽しみに読ませて頂いているのですが、もっと自身の学び... [全文を読む]
Posted at 17:00
<< 前のページへ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次のページへ >>