店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

テーマ:「花」の記事一覧

勿忘草  [2018年05月27日]
イギリスがロイヤルウェディングでとても盛り上がっていますね。   花嫁メーガンさんの装ったヴェールには、イギリスの連邦加盟国50余国を表す植物が刺繍されていると 紹介されていましたね。   各国仲良くつながるようにと 円を描くようなかたちで刺繍が施されているとのこと。 素敵ですね。近くで拝見したいです。   植物の話から、テレビでは今は亡きダイアナ妃が... [全文を読む]
Posted at 17:27
母の日  [2018年05月13日]
母の日といえば やはりカーネーション。 この日にむけて、赤、ピンク、オレンジ、黄色と、色とりどりのカーネーションがお花屋さんで華やかに置かれています。   落合の万葉しぎや店内にも、しばらく前からカーネーションを。        母の日にカーネーションを贈るー という習慣が日本に広がりはじめたのは 明治末期頃だそうですね。  ... [全文を読む]
Posted at 20:38
今年もバラがきれいです  [2018年05月11日]
先月から、美しいバラを眺めながら歩くのが楽しみになっています。             4月頃から咲き始め、少し花が減ってきたかと思うと、 5月に入って第2弾、たくさんの花が咲いています。           色、種類ともいろいろ、 大小様々、そして低... [全文を読む]
Posted at 09:27
雪持椿  [2018年03月22日]
予報があったとはいいましても、昨日の雪には驚かされましたね。         桜があちこちでキレイに咲き始め、 満開も目前かー などといわれていた矢先に、まさかの雪。     寒い寒い春分の日となりましたが、 明るい春の草木に降りる雪の景色は、とてもキレイでした。       ... [全文を読む]
Posted at 09:18
春の行事  [2018年03月15日]
満開の桜まで、いましばらくありますが、   春らしい色とりどりの花は、今年もわたしたちを楽しませてくれています。   特にミモザは、そのイエローの明るさに 心おどります。                         &... [全文を読む]
Posted at 12:57
椿  [2018年03月12日]
寒かった冬から、春の訪れとともに咲く椿。 存在感のある椿は、今 とてもきれいですね。           大きい花の赤い椿に、   右の白い椿は、小ぶりでたくさん花がついています。 出張で着物の着方レッスンに伺うお宅のお庭のこのスペースには、 季節によって様々なお花が咲いて、とてもきれいです。   ... [全文を読む]
Posted at 17:40
お水取りと椿  [2018年03月01日]
今年も、奈良 東大寺二月堂の修二会が始まりました。   一般に“お水取り”として知られる修二会は、752年(天平勝宝4年)に創始されてから一度も絶えることなく行われている伝統儀式だそうです。   期間中のお松明、お水取りの儀式には毎年ものすごい数の見物客で賑わうようですが、東京ではあまり紹介されませんね。   今年も、奈良の店主の同... [全文を読む]
Posted at 11:31
 [2018年02月20日]
梅がキレイに咲いていますね。         桜につきましても同じように感じるのですが、 梅は、黒味の枝と、淡い花の色との、絶妙なコントラストが何ともいえず美しいと思います。     万葉烏梅染しぎやで使用させていただいております、烏梅の産地、奈良 月ヶ瀬の梅林も、毎年 見事な景色になるそうです。 開花の時期には訪... [全文を読む]
Posted at 15:41
椿  [2018年02月05日]
椿のつぼみが日に日に増えているように思います。                 “椿”という名前の由来は諸説あるようですが、 いずれにしましても、“木に春”と表される この椿のつぼみがつきはじめると、春の訪れを感じます。   &nb... [全文を読む]
Posted at 20:22
 [2018年01月24日]
記録的な天候に都内は てんやわんやでした。   交通の便が悪くなったり、雪道を歩くのも危険。   下を見ながら、とにかく滑らないようにと、どこを歩くのにも ひと苦労です。   でもそんなとき、ふと ダレかが作ったであろう雪だるまを目にすると、思わず笑ってしまいます。 眉間にシワを寄せて雪の上を必死に歩いていた自分の顔の表情が 明らかに変わるのを感じて、一... [全文を読む]
Posted at 20:33
新春の桜  [2018年01月15日]
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。   穏やかなお正月も過ぎ、もう1月半ばですね。   自宅近所の居酒屋さんの店先には、お正月明けから 桜が飾られています。 淡い色に一重の花。この早咲きの桜、種類は何でしょう…。       桜を眺めて“春”のモードに浸りたいところですが、 連日ニュ... [全文を読む]
Posted at 16:30
紅葉の色彩  [2017年11月28日]
紅葉の色づきがキレイなグラデーションに。         季節と、気温と、日当たり具合などによって、同じ紅葉でも色づきが様々です。   昔の人は、こういった自然の色を愛で、素敵な“日本色”がたくさんうまれたのですね。   自然の移ろいを様々な配色で表した“かさねの色目”... [全文を読む]
Posted at 09:05
柑橘  [2017年11月13日]
柑橘類の木に、黄色い実がなる様子が見られます。   真っ赤な紅葉ーといった秋色の光景は、東京ではもう少し後になるかもしれませんが、一方で 柑橘の鮮やかな黄色い実の色を目にすると、気持ちが元気になります。   いつも通る道にあるこの木は(「日向夏ヒュウガナツ」だと伺った記憶があります…)、毎年この頃から大きな実をたくさんつけて、次の年の春以降まで、実を落とさ... [全文を読む]
Posted at 20:00
秋の色づき  [2017年10月29日]
今年も、あちこちでハロウィンムードが演出されています。 オレンジ、黄色、赤・・・と、かぼちゃやオバケたちとともに飾られるこの時期ならではの色合いは楽しいものです。   自然界の植物もまた。 おたふく南天も赤く色づいてきました。             おたふく南天は、これから以降 益々赤くなり、 寒々... [全文を読む]
Posted at 17:25
雨の中でも…  [2017年10月21日]
土曜日の朝は、着物の着かたレッスンに出張でお出掛けします。   雨が続いて、また明日以降は台風の予報も…。   そんな困った雨の中、レッスン場としてお邪魔するお宅の入口に、キレイなお花がたくさん!        キレイに咲き広がる白いシュウメイギク。とても癒されます。   もともとは、白とピンクの両方... [全文を読む]
Posted at 17:00
ハーブつながり  [2017年10月15日]
先日、レモングラスのハーブティーを話題に載せました。 今回は、そのハーブの続きを少し…。   レモングラス同様、すっきりとした風味のハーブに“レモンバーベナ”があります。 ヨーロッパをはじめ親しまれている定番のハーブティーで、リラックス効果、消化を助ける効果、抗菌作用などがあり、また柑橘系のさわやかな香りがすることから、様々なものに利用さ... [全文を読む]
Posted at 08:00
8月も残りわずか  [2017年08月27日]
色づきはじめたかと思っていた 百日紅(サルスベリ)が、今や あっという間に華やかに。 季節の移り変わりを実感します。        百日紅は、100日間ピンクの花が咲いているー という様子から、「百日紅」といわれるそうですが、   読みの「サルスベリ」という名前の方には、本当に感心してしまいます。 猿も登れないほどのスベスベした... [全文を読む]
Posted at 15:10
夏の帯 ~ユリ~  [2017年07月30日]
今年もあちこちで百合がキレイでした。 まっすぐな茎に高く花を咲かせるユリは、とても存在感があります。       人類史上最も古くから栽培されていた花のひとつといわれる百合は、特に 古くヨーロッパでは特別な意味が持たれ、キリスト教との深い関わりも知られています。   以前ここで、フルール・ド・リスの話題を載せましたが、百合は、アヤメ科のアイ... [全文を読む]
Posted at 09:00
涼やかな小物  [2017年07月24日]
梅雨も明け、連日暑いですね。   近所でフウセンカズラを見かけました。                          花は白くてとてもとても小さいですが、その後になる 風船のような実が印象的です。 この淡緑色の実が風に揺... [全文を読む]
Posted at 14:30
目の覚めるような色  [2017年06月04日]
ここのところ、最寄りの駅から店までの道中、毎日目にしますサボテンの花。 初めて見たときは、驚きました。                                     ... [全文を読む]
Posted at 22:00
<< 前のページへ
| 1 | 2 次のページへ >>