店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

テーマ:「季節と着物」の記事一覧

半幅帯  [2020年08月26日]
秋の気配を感じるようになりましたが、まだまだ暑い日がつづきます。 夏の間の着物レッスンでは、軽やかに遊べる半幅帯の結びも しています。   半幅帯は、カジュアルな装いに利用しますので、色や柄で 結構冒険をしても、案外大丈夫だったりしますので、とても楽しいアイテムです。     少々ブレましたが、 画像の帯は、黒地に音符の柄。 4m30cm以上の長さがあ... [全文を読む]
Posted at 12:50
綿の着物  [2020年08月10日]
連日本当に暑いですね。 週末のレッスンでは、真夏気分でゆたかを着ました。 夏の柄として多く使用されている“萩”の柄のゆかた地です。   お祭りなどに気軽に着て行く、いわゆる浴衣は、衿が“バチ衿(はじめから細い幅で仕立てられる)”ですが、 このゆかたは、着物とおなじように“広衿”仕立てにしています。 そ... [全文を読む]
Posted at 11:05
夏の塩沢紬  [2020年08月01日]
ブログは すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間に8月ですね。      画像は、紅葉葵と サルスベリ。 今年も夏の花がキレイです。           紅葉が少し色づいている様子も、 いいですね。     いよいよ関東も梅雨が明け、 さっそく今日は... [全文を読む]
Posted at 13:40
夏の雨コート  [2020年07月09日]
各地で心配な大雨が続きます。早く天候が回復することを祈るばかりです。   ちょうど昨年の今ごろ、大きなショーの開催に携わらせていただきましたが、当日の七夕の日もすごい雨風であったことを思い出します。 前日から、荷物の搬入や最終作業の仕上げがあったため、私自身は 会場のホテルに泊まり込みでしたが、多くの出演者の皆さんは、当日 自宅からの集合です。 しかも、自宅から着物ショーの舞台衣... [全文を読む]
Posted at 19:03
帯の染め替え  [2020年06月20日]
何十年も前の母の帯。夏の袋帯です。 薄い桜系の地色で、白と銀糸の宝相華の紋様があります。   (私)「染め替えて いいですか?」   (母)「えっ!? えーーー! 古いけどキレイな色だったのに!」   母はどちらかといいますと西洋人体系で、スポーティーな感じ。 顔は細いのですが体格ががっちりしていて、身長は160ちょっとです(現在は縮みましたが)。 ... [全文を読む]
Posted at 18:43
初夏の着物  [2020年05月31日]
5月も最終日です。 明日1日から、当店も通常営業を再開させていただきます。   しかしながら、勝手ながら急きょ店を留守にさせていただくことがございますため、誠に恐縮ですが、ご迷惑をお掛けしてしまいますため、ご来店の際には、事前にご連絡をいただけましたら幸いに存じます。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。   6月中旬より、着物レッスンも、可能なかたちで再開させていただ... [全文を読む]
Posted at 13:49
単衣の出番  [2020年05月26日]
いつも通るあちこちで、バラ、下野、など、初夏の花が美しいです。ジューンベリーも赤く色づいてきました。          いよいよ緊急事態宣言も解除されましたね。   6月に学校の入学式の実施が決まったところもあり、出席される親御さまから、着る着物についてやコーディネートなどのお問合せもいただいております。 単衣の時期ですので、4月の入学式とは着... [全文を読む]
Posted at 11:15
ポルトガル語と和服の名前  [2020年05月20日]
前回、お土産にいただきました ポルトガル伝統菓子店 ナタ・デ・クリスチアノさんの玉子タルトを挙げましたが、 ポルトガル菓子は、古くから伝わる日本の伝統菓子にも大きな影響を与えたことが知られています。すぐ浮かぶものは、カステラや金平糖。   遡ること16世紀、南蛮貿易の港となった長崎には多くのポルトガル人が住み、増設されたカトリック教会でのヨーロッパの食文化が、長崎の庶民一般にも広が... [全文を読む]
Posted at 16:26
着物おもてなし  [2020年05月14日]
暑くなりました。 本サイトのトップページ画像も、やっと夏ものに衣替えしました。   本来この時期は、毎年恒例の催事の準備も始まりますが、残念ながら今年はさすがに開催できません。     画像は、以前 この時期に文化学園内ギャラリーにて開催しました「キモノおもてなし展」のものです。 夏物から秋の装いを中心に、いろいろ展示いたしました。   ... [全文を読む]
Posted at 17:30
ゴールデンウイークが始まります。 皆さまお変わりありませんでしょうか。   家にいる時間が増えて、時々 着物タンスをあけてみたり、着物の肌着、補整の整理をしてみたりしています。   お客様も、同じくタンスをあけて、いろいろ作業をされる方がいらっしゃり、ふと疑問が生じたとご連絡をいただくことがあります。 ご自宅で出来るアフターケアについてのご質問、持ち物についてのご質... [全文を読む]
Posted at 20:34
陰干しの後の糊こぼし  [2020年03月05日]
お出掛けを控えなければならないこんな時期には、タンスから着物や帯をだして、春のコーディネートをイメージしながら、いろいろ合わせて遊んでみてはいかがでしょうか…。   タトウ紙から着物を出し、少々広げて たたみ直す。 このようなことをしますと、しっかり広げて干すーといった完全な陰干しは出来なくても、衣類の空気の入れ替えはできます。 また、ずっと気づかなかった強いシワや... [全文を読む]
Posted at 17:40
お茶会 in 祥雲寺  [2020年02月27日]
月曜日の振替休日は、お茶会へ行ってまいりました。       当日は見事なお天気で暖かく、絶好のお茶会日和。   会場は、広尾の祥雲寺です。 外苑西通りから広尾商店街に入ったつきあたりにあるお寺。 近くにあるお店に行くために何度か前を通りつつも、お寺に入ったのは初めてでした。   賑やかな街中であることを忘れてしまう、静寂で... [全文を読む]
Posted at 16:20
クリスマスの着物その2  [2019年12月22日]
今日は、先日開催しました舞台イベントの反省会、兼 打ち上げ、兼 忘年会でした。   お天気が心配でしたが、何となく明るい色合いを着て出かけたいな~と思い、 今日の装いは、生成り色の同系色同士のコーディネート。       着物、帯ともに紬地ですが、 帯はやわらかい風合いなので、 良いかなと。     クリスマス... [全文を読む]
Posted at 21:59
クリスマスの着物  [2019年12月17日]
世の中はクリスマスモードですね。  着物の装いにも、皆さま 思い思いに クリスマス気分を表現されていらっしゃるのではないでしょうか。  こちらの教室に来られる方も、クリスマスツリーの模様が入った帯を締めて、レッスン後「これからパーティーに~」と、お出掛けに行かれたり。   クリスマスはカラーが定着していますので、その色を使うだけでも、雰囲気が出せますね。 現... [全文を読む]
Posted at 10:47
着物コートの身八ッ口  [2019年12月10日]
週末は椿山荘での会合に出かけました。       ホテル椿山荘前の銀杏並木は今年も とてもキレイです。   ご一緒した方と、 「今日は楽しくたくさん食べてしまったので、駅まで歩きましょう!」 ということに。         目白駅まで…?(汗)。 いや、せめて雑... [全文を読む]
Posted at 19:10
冬の装い  [2019年11月21日]
あっという間に12月が近づいてきました。 先日は、お申込みいただきました50名の皆様と、スーパー歌舞伎を観に行ってまいりました。 ここ10年ほどは、この時期ずっと夜の部の観劇でしたが、昨年から昼の部に。   何を着て行こうかな~といった皆様の会話のなかに、「今回はお昼だからー」と、お出掛けの時間帯もコーディネートを考える要素になっていることが伺えました。 当日は皆様思い思いの素... [全文を読む]
Posted at 13:18
初秋の着物  [2019年09月13日]
一気に気温が下がりました。室内よりも外の方が涼しい感じがします。 いよいよ単衣の着物にしようかしら、と思いつつ、今日もまだ絽ちりめんの着物を着ています。       白ネズの地色に、水紋と千鳥が描かれた小紋。     しっかり透け感のある盛夏の生地に比べて、 ちりちりと 少々ふっくらとした空気感のある 風合いの絽縮緬は、真夏... [全文を読む]
Posted at 14:10
秋の着物  [2019年08月27日]
朝晩の気温もだいぶ落ち着いてきて、秋の気配を感じる頃となりました。   単衣の装いに(袷の時期にも)ちょうど良い、軽やかな染の名古屋帯、そして、新作の着物があがってまいりました。   例えばこちらのコーディネート。 染帯も着物も 青ねずの寒色系ですが、 帯締め帯揚げの一部に、辛子、柿色、茶、葡萄などの 秋色を利用するだけで、さり気なく秋を意識した装いに。 夏... [全文を読む]
Posted at 22:39
夏の着物  [2019年08月11日]
立秋を迎えたせいか、台風が近づいてきたせいか、何となく朝の風に変化を感じるのは気のせいでしょうか。 いずれにしても毎日暑いですね。  私は連日、着物の着かたの実演をしに浦和に来ています。 浦和駅はリニューアルされて、キレイで素敵なお店がたくさん。 そして、やはりサッカーチームのホームタウンですね。所々にサッカー色が。   今日の着物は、玉繭の糸で織られた夏の大島です... [全文を読む]
Posted at 22:49
自然を表現  [2019年02月20日]
ふと外で目にしました椿の葉。     葉の先の変色したところがあります。   日本の植物の模様には、こういった 自然の色の変化まで を表現するものがあります。 もちろん着物でも。               こちらは菊の葉の葉先の色合いがぼかされて、 茶色く色... [全文を読む]
Posted at 14:32
<< 前のページへ
| 1 | 2 | 3 次のページへ >>