店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ
   

万葉烏梅染しぎやのブログです。お店のことや、お越し下さる方々との素敵な出来事など、ご紹介いたします。

テーマ:「着物,帯,小物」の記事一覧

帯揚げと帯締め  [2020年01月25日]
万葉しぎやのロングセラー商品、帯揚げと帯締めが、 新たに染め上がってまいりました。     帯揚げはやさしい色合いのボカシに染めました “万葉烏梅染ぼかしの帯揚げ”。   帯締めは、異なる色どうしの半分の帯締めをつなげて、 左右の色違いを楽しむ帯締め “結巴(ゆいどもえ)”。   早速、... [全文を読む]
Posted at 11:39
着物のバッグ  [2019年12月12日]
着物のバッグについて、時々皆さんと話題になります。   小さめのバッグは、持ちたいけれど、他にサイドバッグみたいなものが必要になってしまうので困る、とか、 かといって、あまり大きいと 見た目が素敵でなくなる、とか。   確かに、今のような季節は、携帯用のハンドクリームや、手袋などを入れようとすると、 「あっ、お財布が すごく出しずらいー」なんてことにも。 &nbs... [全文を読む]
Posted at 20:13
着物コートの身八ッ口  [2019年12月10日]
週末は椿山荘での会合に出かけました。       ホテル椿山荘前の銀杏並木は今年も とてもキレイです。   ご一緒した方と、 「今日は楽しくたくさん食べてしまったので、駅まで歩きましょう!」 ということに。         目白駅まで…?(汗)。 いや、せめて雑... [全文を読む]
Posted at 19:10
帯の染替え  [2019年12月05日]
        今日は見事なお天気でしたね。 朝は着付けの出張レッスンに伺い、 レッスン場所の最寄り駅から富士山も バッチリ見ることが出来て気分爽快でした。         今日締めていった帯は、 母が昔使用していた袋帯。 時代的な雰囲気もありお気に入りだったの ですが、めったに締めま... [全文を読む]
Posted at 19:23
七五三 七歳の着物  [2019年11月14日]
先日、七五三のお祝いをされたご家族が、しぎやにお寄り下さいました。   7歳の女の子のお祝いです。 着物は しぎやで誂えさせていただきました。     産着から3歳の時にお召しになった着物もそうだったのですが、 ご本人は、はっきりとした濃いめの地色がお似合いのお顔立ちですので、 今回は紫(すみれ色)の色に。 そして柄模様は、折り鶴と松竹梅を描き、... [全文を読む]
Posted at 14:07
留袖  [2019年03月07日]
留袖調に模様付けを施しました 万葉しぎやの振袖。   身頃は裾の方に、長い袖には振りの方に模様を描いています。 先々は、袖を短くし、黒留袖としてお召し頂けますようにーという思いでお創りしていますが、実際には、袖を短くせず、振袖のまま 次の代のお嬢様にお召しいただいている、という方もいらっしゃいます。 こちらの振袖は、昨年末、もともと黒留袖をご覧にこられました方へお見せしました... [全文を読む]
Posted at 14:25
3月3日  [2019年03月03日]
都内から箱根に移住され、そこから当店をご利用くださる方がいらっしゃいます。 芸術家であるその方は、各地での個展、そして海外でも様々にご活躍されています。   10年ほど前、はじめは着付けのことでご友人とお立ち寄りいただき、 その時、うちの店主が着ている“八相”(万葉しぎやが創っています男性の和の服)を気に入ってくださり、 八相のご依頼を承りました。 &... [全文を読む]
Posted at 16:45
和の小物づかい  [2019年01月20日]
年が明けて、松飾りもしまい、もう1月も後半ですね。   万葉しぎやのお正月のウィンドウは、 松飾りを帯地とともに掛けました。               こちらの帯は、 小物や飾りものに使用するため、 かなり金々キラキラしていた生地に濃い色をかけてもらったもの。   帯は尺が... [全文を読む]
Posted at 10:53
振袖  [2019年01月08日]
年が明けて、あっという間に七草粥の日も迎えました。 来週は成人式ですね。   成人の日を迎える皆様は、思い思いの衣装で当日を迎えられることと思います。 式を終えて振袖のアフターのご依頼にいらっしゃる方や、当日の写真をお持ちくださる方々などから、 当日の様子(楽しいハプニングも)をいろいろ伺えますのが、毎年楽しみです。   一方で、数年後に成人式を迎えるご家族の方か... [全文を読む]
Posted at 20:27
着物のコート  [2019年01月02日]
明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。   今年の冬は、前半やや気温が高い時もありましたので、 着物の上着も、カシミヤのような素材のものは、年末になってから着始めました。     やはり、見た目も体も暖かいので、毎年この素材のコートは皆様からお問合せいただきます。   しかし、体系やお好みにより、カシミヤよ... [全文を読む]
Posted at 12:43
 [2018年10月16日]
風に舞う葉と、 童が遊んでいる様子を描いた付下の着物です。     極小のマスが並ぶ地紋の入った生地。 模様は身頃と袖にさらりとした配置で。     こういう雰囲気の着物が似合うといいな。   そして自身に反物をあててみましたが、   周囲の皆さん シーン…。   自然と素敵に似合っ... [全文を読む]
Posted at 16:38
色打掛  [2018年10月03日]
あっという間に10月にはいりました。   私共は、秋冬に開催されるイベントを控えて準備でバタバタ! 一方 今月は、ゆっくりと伺うお茶会の予定などもあり、慌ただしい“動”と落ち着いた“静”とが順番に予定されている、メリハリのきいた?この秋をとても楽しみにしています。   ご一緒する皆様は「このイベントの時には、何を着よう?... [全文を読む]
Posted at 13:46
結婚式の白無垢  [2018年09月25日]
とても久しぶりに開けました桐箱の中は、白無垢の衣装です。       身内の結婚式の度に花嫁が着用し、最後に出番があって どのくらいの期間がたったでしょうか。   この白無垢は、しぎやの定番 無地の着物に使用しています別注絡み織りの縮緬生地で誂えました。 当時、いつも仕立てをお願いしている女性が、婚礼衣装の仕立ては あまりにも久しぶりで大変ー!... [全文を読む]
Posted at 11:52
ボカシの小紋  [2018年09月14日]
春からご紹介しておりました新作のボカシの小紋。 このタイプは当店の定番商品で、多くの方に様々な色味のものをご愛用いただいております。     今春からは、地模様のある生地に染めたボカシ小紋をご紹介しておいりました。 地模様がありますと、光の加減で光沢感が出ますので、見た目に楽しく、また少々華やかさが出たりします。 地模様の生地を好まれる方は多いかと。 一方、地... [全文を読む]
Posted at 14:50
お茶会のお揃い着物  [2018年09月10日]
老松模様の付下です。 茶道の先生とその社中の皆様にお誂えさせていただきましたお揃い着物。 以前、フェイスブックのほうに載せたのですが手違いで見当たらなくなり、再度改めまして。 この着物は、先生の会の名前を用いて老松模様を白抜きで施し、 地色はお一人お一人にお似合いになる色をそれぞれ染めました。     模様はあえて裾と袖のみにしてすっきりとさせ、深みのある着物... [全文を読む]
Posted at 14:57
夏の着物ーカジュアル  [2018年08月20日]
だいぶ ご無沙汰していました。   猛暑も峠を越えましたでしょうか。 朝夕の風に秋の気配を感じます。 ご来店くださる方々とも、話題は 秋にむけての装いに。 そのような中、 今年の夏を着物で十分に楽しまれた方からご連絡をいただきました。 前回のブログに掲載させていただきましたK様です。   『キモノおもてなし展(文化学園内ギャラリー)』で、 夏の大島紬と八寸帯... [全文を読む]
Posted at 15:53
前々回につづき、先月開催いたしました『キモノおもてなし展』でのお話しです。   この夏、何度か お出掛けを予定していらっしゃるK様からのご相談。   すでにお持ちの着物は、夏の定番ともいえる、"藍"や"白"系の色なので、もっと"色み"のあるものを試してみたいとのことでした。   K様からは 数年前に、身内の方が残された着物や帯のお直しをいろいろと受けたまわ... [全文を読む]
Posted at 16:34
夏のお茶会の着物  [2018年07月09日]
梅雨も明け、いよいよ夏本番ですね。   先月に開催いたしました 万葉しぎや「キモノおもてなし展」では、私も完全に夏の装いで過ごしました。   7月、8月に着物でお出掛け予定の方々は、夏の展示品をゆっくりとご覧くださりながら、 実際に着て行かれる場所や、理想の着姿のイメージなどをいろいろとお話しくださり、会場内はもうすっかり真夏のお出掛けモードに。   あ... [全文を読む]
Posted at 10:05
夏至をむかえて  [2018年06月22日]
梅雨の中、今日は貴重なお天気ですね。昨日は、1年で最も昼の時間が長い夏至を迎えましたが、いよいよ来週の『キモノおもてなし展』では、涼やかに染め上がった夏の着物の品々をご覧頂きたいと思います。着物はもちろん、羽織ものにほど良い生地も染めました。 一方、白生地から、地色、柄などゼロからお創りすることも致しますので、ご参考にしていただける図案や、色見本も会場に準備してお待ちしております。 もちろ... [全文を読む]
Posted at 15:23
ボカシの小紋  [2018年04月17日]
やさしい色合いのボカシのキモノ、今回は小紋のかたちで染め上げました。 まず2点。      他の色合いはもう少しお時間かかりそうです。    八掛も共に染めましたが、 単衣の着物にされるのも おすすめです。   このシリーズの段ボカシは万葉烏梅染しぎやの定番小紋で、数えきれないほどお創りしてまいりましたが、 全体に... [全文を読む]
Posted at 12:36
<< 前のページへ
| 1 | 2 次のページへ >>