店主こだわりの生地、模様、柄を取り揃えてお待ちしております。着物購入後のクリーニング、シミ抜き、そして洗い張り、染め替え、仕立直しなど、【万葉烏梅染しぎや】は丁寧なアフターケアにもご好評いただいております。

お問い合わせ

万葉こだわりの品々

 こだわりの生地と染めー 色無地

 
 
万葉しぎやの着物づくりのベースは「色」
 
素敵に着物を着たい、素敵に見られたい。
そのために一番大切なことはー。
しぎやが確信するその答えは「色」でした。
 
40年以上前の創業から、時代は変化し、生活環境とともに女性の見た目の雰囲気も随分と変わっていきました。
そんな中、着物を着慣れている方だけではなく、これから着物に関心を持ち、着物を着たい、と思う方が素敵だな と感じる着物を創りたい、と考えるようになりました。
そのためには何が大切か。
 
素敵な着物姿は、そのご本人そのものが、素敵に見えること。
素敵に見えるということは、その着物が、その方に似合っていて、お顔がキレイに映えていること。
 
答えは、「装う方のお顔を引き立たせる色こそが、素敵な着物姿を創り出す。」
ということでした。
 
このことは、一見当たり前のようですが、実現するのは そう簡単ではありませんでした。
 
それは、合う色の着物を選んで、その方にお見せする、という仕事ではなく、
合う色の着物を創り出すーということが 仕事になっていったからです。
 
『着物の要素を省いてゼロに戻したとき、最初に何を加えるかー それは色』
 
顔色をキレイに見せる、似合う色の着物は、その人をすっきりと美しく引き立てるのだということを実感し、しぎやは、「色無地」の着物を中心に、着物づくりをスタート致しました。
 
 
-しぎやの色無地-
 
色無地は、生地の良さ、色の良さが大切です。
そのため生地は、無地とは感じられないほどの重厚感、存在感、上品さがでるようにと絡み織りの変わり縮緬生地を誂えております。
しぎやの色無地4th
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、色出しは、赤・黄・茶・緑・青・紫・鼠の七つの色味を柱に、それぞれ明暗濃淡を出した60余色の色合いからスタートし、現代に至ります。
 
 
万葉しぎやの この生地によります色無地は、着物の他、コートや振袖としても、長きにわたりご愛用いただいております。  
 
 

 こだわりの生地と染めー ぼかしのキモノ

 
  
色無地から派生した、「ぼかしのキモノ」。こちらも、色が勝負の着物です。
 
数色の濃淡の絶妙な色合いが 装う方をより豊かに上品に引き立たせる、当店自慢のオリジナル作品です。
ぼかしのキモノは、染め方、また柄付け等で、訪問着、付下、小紋、そして振袖にも。
 
 
 その他、しぎやの着物は、訪問着、付下、小紋、紬などにも、染め上がり、風合いの良さを吟味した、上質な絹地を使用します。  

 こだわりの生地と染ー 襦袢 

 
 
また、見えないようで、実は、袖の袂(たもと)から存在感をアピールしているのが襦袢です。
着姿をいっきに引き立たせる、こだわりの しぎや定番品から、少々遊び心を取り入れたオシャレ襦袢など、表に見えないところも、装う方の着姿、満足感を意識して創っております。

こだわりの<模様・柄>

 
一着のキモノに対して、その上にのせる模様(柄)の位置、量も、わたしたちのこだわるところです。
 
動植物、自然、風景、幾何、人物などなど、古くから伝わる数々の伝統模様は、色、配置と表現の仕方によって、大きくイメージが変わります。
時には、手の込んだ色柄の装いでご自分を引き立て、時にはすっきりとした色柄で、ご自分の魅力を表現…。
 
華やかさ、粋さ、すっきりさ、上品さ―、 そのどれを軸におく場合でも、わたしたちは常に、‘お顔を引き立たせる’もの創りを続けていきたいと思っております。